柳鍼灸整骨院

腰痛や肩こりは品川大井町にある整骨院で
体に優しい整体、鍼灸治療、リハビリを

(完全予約制)TEL FAX 03-3777-7950 〒140-0014  東京都品川区大井1-7-7
トップページ 治療内容 適応症 診察時間・料金 Q&A 院長紹介 院長BLOG アクセス お問い合わせ
院長Blog
<< N社長 | 院長Blogトップ |
 

スポンサーサイト

 
 
  • 2009.01.28 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
 
 

一定期間更新がないため広告を表示しています


 
 

N社長

 
   
 
(前回より続く)
師走に入った頃、N社長から「兄貴、やりましたよ、今日のXX新聞の夕刊見てくださいよ」とメールが入った。早速新聞を買うとベッカムカプセルに関する小さな記事が載っていた。記事の論調は「世界でドーピングの対象になっていない酸素カプセルを日本で禁じるのはおかしい」というものであった。N社長は世界アンチドーピング機構(WADA)から「酸素カプセルはドーピング行為ではない」という文面を取り付け、その情報を新聞社に流したのである。N社長はまず突破口を開いた。

あとは日本アンチドーピング機構(JADA)がこれまでの見解を改めればよいのだが、JADAは「違反であるかないかを現在決められる段階ではない」というような抽象的なコメントを発表して逃げを図った。いい加減な判断を下しておきながら、時間を稼いであやふやな解決を狙うような役所的な手法である。ここでN社長は更に攻勢に出た。N社長はアメリカの製造元と連携して法的手段に出た。

年末に「兄貴、やりましたよ、各誌デカデカと載せてますよ」とN社長からメールが入った。
“ベッカムカプセル”法廷へ 「ドーピング見解で損害」という記事が各誌の3面に載った。10億円の損害賠償を求めるという内容であった。N社長の力強い次の一手である。損害賠償云々もさることながら、再びN社長が元気に営業で全国を飛びまわれる状況になってほしいものである。

私の机の引き出しには斎藤佑樹とN社長がオアシスO2の前でピースをしている写真が大事にしまってある。いい写真である。別に斉藤投手の生写真を大事にとっているわけではない。私はこの写真の中に、浮いたり沈んだりしながら必死に生きているN社長の生き様を感じる。「人間いいときもあれば悪いときもある。いちいち凹んでられませんわ」そんなメッセージを発している気がしている。

 
 

スポンサーサイト

 
 
  • 2009.01.28 Wednesday
  • -
  • 12:49
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
 
 

 

トップページ 治療内容 適応症 診療時間・料金 Q&A 院長紹介 院長Blog アクセス お問い合わせ