柳鍼灸整骨院

腰痛や肩こりは品川大井町にある整骨院で
体に優しい整体、鍼灸治療、リハビリを

(完全予約制)TEL FAX 03-3777-7950 〒140-0014  東京都品川区大井1-7-7
トップページ 治療内容 適応症 診察時間・料金 Q&A 院長紹介 院長BLOG アクセス お問い合わせ
院長Blog
<< 休 | 院長Blogトップ | 6周年 >>
 

スポンサーサイト

 
 
  • 2009.01.28 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
 
 

一定期間更新がないため広告を表示しています


 
 

挑戦

 
   
 
苦しい挑戦が続いている。
「自宅のエアコンを一切使わずにひと夏を越す」という企画である。「今日はもーあかん」と何度か断念しかけたが、エアコンのリモコンの電池を抜いている。暑さに負けて、勢いで「ピッ」とスイッチを入れてしまわない配慮が必要だ。

連日、激しく汗をかいている。本当に暑い。食事中も大粒の汗が額をつたう。自宅内で何か軽作業でもしたら大変なことになる。先日通販で買ったオシャレな棚を組み立てていた。作業開始直後より全身から滝のように発汗してオシャレ棚にボトボトと汗が滴り、完成時には透明のアクリル板が汗でべとべとになっていた。「こんなに汗かきだったかな・・」と感じるが、汗腺が著しく活性化しているようだ。
夜は当然寝苦しいが、昔ながらの扇風機が活躍している。1時間タイマー、首振り設定である。蒸しかえるような暑さで夜中に目が覚め、もう一度タイマーをかけて凌いだりしている。朝起きるとTシャツはスポーツ後のようである。
「こんな挑戦に意味があるのか・・・」といえば、大ありである。
体の倦怠感がなく、体調がすこぶる良い。そして減量などしていないのに2kg程絞れている。また精神力が鍛えられるという副産物も多少ある。

今から2000年ほど前に編纂された「黄帝内経」という東洋医学の礎ともいえる古典がある。その中に四季の変化に対応した生活の仕方を説いた「四気調神大論篇」という東洋医学の世界では有名な一説がある。春は自然界のエネルギーが満ち溢れているので散歩をして「気」を取り込めとか、秋は木の葉が散るように自然界のエネルギーが減少してくるので体の中にある「気」を失わないように穏やかに過ごせなど。「読書の秋」と言われるのもここに由来するのかもしれない。
その中で夏は暑さを嫌がらずに、体を動かして体の中にある「気」を発散しろとある。「気」を発散すべき時期なので早く起きて、多少夜更かしをする位の活動的な生活がいいと説いている。そして適切でない季節の過ごし方をすると体を壊すと締めくくっている。
確かに治療院で患者さんとお話をしていると、職場のエアコンで体調を崩してしまう方が多い。逆にエコに配慮して弱冷房設定の職場に対して「暑くて仕事にならん」とぼやく友人はいるが、元気そうである。

さあ梅雨も明けて夏本番!みなさんもクーラーの全くない生活を試してみませんか?
「死にそうだった」等のご意見お待ちしております。

 
 

スポンサーサイト

 
 
  • 2009.01.28 Wednesday
  • -
  • 12:24
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
 
 

 

トップページ 治療内容 適応症 診療時間・料金 Q&A 院長紹介 院長Blog アクセス お問い合わせ