柳鍼灸整骨院

腰痛や肩こりは品川大井町にある整骨院で
体に優しい整体、鍼灸治療、リハビリを

(完全予約制)TEL FAX 03-3777-7950 〒140-0014  東京都品川区大井1-7-7
トップページ 治療内容 適応症 診察時間・料金 Q&A 院長紹介 院長BLOG アクセス お問い合わせ
院長Blog
<< 6周年 | 院長Blogトップ | 休 >>
 

スポンサーサイト

 
 
  • 2009.01.28 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
 
 

一定期間更新がないため広告を表示しています


 
 

夏合宿

 
   
 
毎年夏のこの時期になると合宿がある。もう20数回目か・・・。
私が所属するアメリカンフットボールチーム富士通フロンティアーズは盆の時期に前後半に分けて3日間×2回の合宿を行う。選手が過労から故障するリスクの少ない素晴らしいやり方である。先週末に1回目の合宿が終わった。

同じ合宿でもチームの状態、置かれている状況によって内容は変わる。
昨年の今頃は、開幕2戦目の強豪チームを倒すことに全てを賭けていた。相手を研究して特殊な戦術を用意して、その一戦に向けた準備に明け暮れていた。目の前にわかりやすい目標があればやりやすい。「打倒・・・」という間近に迫った目標は暑さに負けそうな時の発奮材料にもなるし、自分のプレーが近々に当たり合う相手に対して通用するのか?という意識を持ちながらプレーするのはモーチベーションを高く保ちやすい。但し、戦術の確認に時間が取られ、基礎練習に時間を割きにくいデメリットがある。

一転して、今季のリーグ戦では我々は下位のチームから対戦していく。そしてシーズン後半から一気に強豪との対戦が始まる。この日程の場合、じっくりとチームの基盤を作っていけるメリットがある。徹底的に自分達の課題を潰して、基本練習を繰り返して身につけられれば「本物の強さ」を作り上げていける。理想的なチーム作りとも言える。しかしその反面、大いに気をつけねばならないことがある。後半戦を意識して、のんびりと何となく練習していると取り返しのつかないことになる。慢心ともいえる。下手をすれば下位チームにアップセットをされたり、強豪に2タテを喰らったり、あっけなくシーズンが終わる。

さて明日から2回目の合宿。
発展途上のチームだから課題がたくさんある。妥協なく一つずつ解決していかねばならない。また真剣勝負の季節が始まる。頑張ろう

 
 

スポンサーサイト

 
 
  • 2009.01.28 Wednesday
  • -
  • 22:14
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
 
 

 

トップページ 治療内容 適応症 診療時間・料金 Q&A 院長紹介 院長Blog アクセス お問い合わせ