柳鍼灸整骨院

腰痛や肩こりは品川大井町にある整骨院で
体に優しい整体、鍼灸治療、リハビリを

(完全予約制)TEL FAX 03-3777-7950 〒140-0014  東京都品川区大井1-7-7
トップページ 治療内容 適応症 診察時間・料金 Q&A 院長紹介 院長BLOG アクセス お問い合わせ
院長Blog
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
最新記事
バックナンバー
リンク
プロフィール
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 最近 | 院長Blogトップ | プレーオフ 第一ラウンド >>
 

スポンサーサイト

 
 
  • 2009.01.28 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
 
 

一定期間更新がないため広告を表示しています


 
 

プレーオフ

 
   
 
私がアメリカンフットボールのコーチを務める富士通フロンティアーズがリーグ戦4連勝でプレーオフトーナメントへの進出を決めた。

まず先制し、得点されたら突き放し、最後にダメを押す理想的な展開で勝利することが出来た。しかしながら手放しに喜べる状態とは全く言えない。唸ってしまうような素晴らしいプレーが連発することもあれば、あり得ない凡ミスも連発する。ここらへんが本当に課題である。

一方、プレーオフと言えば、阪神タイガースが敗れ去った。2位・巨人に13ゲームをつけながら「メイクレジェンド」なる歴史的なV逸でプレーオフにまわり、1stステージで中日に敗れた。
ブログでボヤキや批判めいたことは述べるべきではないと考えているのだが、今回だけは言いたい。
「岡田、おまえはアホか!」
巨人が逆転優勝した日も、私は「しかし巨人もよくひっくり返したもんやな。まあ、これは気合の入ったプレーオフで久々に面白い伝統のGT戦になるな・・」と感じていた。あきらめなかった巨人は賞賛に値する。しかし翌日、岡田が福田康夫になっていた。こんな時期の引責辞任発表など、すねて投げ出したようなものである。まだ終わっていない、次勝てばいいのだ。こんなときこそ、ガハハと笑って「ジャイアンツの皆さん、おめでとう。この借りはプレーオフで百倍返し、野球人生命を賭けて4タテします」ぐらいのことを言ってみろと。
文章を書きながら、血圧が上がってきた。タイガースのことはもういいだろう。

11月3日にリーグの優勝決定戦。そしてプレーオフ。楽しく、そしてミスに対しては厳しく選手達と頑張っていきたいものである。

 
 

スポンサーサイト

 
 
  • 2009.01.28 Wednesday
  • -
  • 11:23
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
 
 

 

トップページ 治療内容 適応症 診療時間・料金 Q&A 院長紹介 院長Blog アクセス お問い合わせ